エアコンクリーニングについて

エアコンクリーニングについて色々な事をご照会します。


ご自身でのエアコンクリーニングの注意点


よくエアコンクリーニングに伺いますと、お客様がご自身で掃除した時にエアコンを破損したり傷つけたりしていることが多々あります。

また、途中までご自身で分解しようとして、やっぱり無理だと諦めてご依頼いただくこともあります。

とにかく現在のエアコンはすぐに壊れます。

まず分解しにくい作りになっているものが多いです。
分解することは基本あまり考えていない様に思えます。

またプラスチックというか樹脂というか、非常に薄くて脆くて強度が全く無いような、頼りない接合部がとても多いです。

あるいは取り外すために可動するはずの部位が、意味がわからないくらい固いとか、とにかく分解するのも容易ではありません。

更に、お掃除機能付きが主流になっていますので、部品は多くて複雑ですし、上位機種になればなるほど電装部も大きくて、濡れたりトラブルが起きるリスクも増えています。

そもそもエアコン内部に「ご自身での洗浄は発火の恐れがありますのでお控えください」などと書いてあったりします。

ネットには動画も含めて色々な情報がありますので、出来そうだと思った方は試して見るのも良いと思いますが、水洗いまではなかなか容易ではありませんのでご注意ください。

エアコン用カビ取りスプレーによる故障


よく市販のエアコン用カビ取りスプレーで洗浄している方もいらっしゃると思います。

しかし、このエアコン用カビ取りスプレーを使用することで大変なトラブルになることがありますのでご注意ください。

エアコン用カビ取りスプレーをエアコンの熱交換器のアルミフィン部のカビに噴射しますと、カビが溶けて下のドレンパンへ落ちていきます。

これをキレイに洗い流せば問題ありませんが、当然スプレーするだけなので、溶けたカビが下でまた固まって排水不良を起こし、ドレンホースが詰まったりして水漏れが起きる事例が増加しています。

結局は修理が必要になって無駄なお金がかかってしまいます。

これは私がエアコンクリーニングに伺ったお宅で、何件ものお客様から聞いた話ですので、皆さん本当にお気を付けください。

ファブリーズ等消臭剤のスプレーによる故障


エアコンがカビ臭いということでファブリーズ等の消臭剤をスプレーする方も多いようです。

ところが、ファブリーズ等の消臭剤をエアコンの熱交換器のアルミフィン部に噴射しますと、アルミや銅が腐食してしまう事があります。

実はこの事例も、エアコン用カビ取りスプレーの件と平行して増加しています。

そして結局は、修理や最悪買い換えという事になり、無駄なお金がかかってしまいます。

たしかに気持ちはわかりますが、エアコン内部はもとより、どこにでもスプレーして良い訳ではありませんのでお気を付けください。

その他の注意点


ネットで調べますと、ご自身でエアコンクリーニングをする場合、重曹やセスキ炭酸ソーダで洗うという情報が多くなっていますが、これらの洗剤は弱アルカリ性です。

実は、エアコンのアルミフィンにアルカリ洗剤をかけると腐食してしまい痛めてしまいます。

とは言ってもカビを取るのはアルカリ性の洗剤が適しているので、通常アルカリ洗剤を使用した後は酸性の液剤で中和をします。

私はエアコンクリーニング専用の中和剤などを使用して中和をします。
私の経験上、中和している業者さんは極めて少ないですが…

あとは家の中で水を使いますし、ましてや電化製品のエアコン内部に水をかける訳ですから、それなりの知識と養生方法が必要になりますので、ご自身でエアコンをクリーニングされる場合は十分にご注意ください。

プロのエアコンクリーニング


一般的なエアコンクリーニング


今現在、一般的にエアコンクリーニングと呼ばれている方法は、エアコンのカバー等を外し、お掃除機能等を外し、養生をしてクリーニングする方法です。

自然薯屋おそうじ部もこの方法でエアコンクリーニングしています。

ここで言うエアコンのクリーニングとは基本的に、熱交換器であるアルミフィンから吹き出し口に到る部分の洗浄がメインとなります。

エアコンの一番の心臓部で、カビが付きやすく、出てくる空気にも大きく影響します。

エアコン内部に洗剤を塗布して、高圧洗浄機で水洗いをします。

以前は大手さんで通常機種でも15,000円くらいだったものが、今では10,000円前後まで安くなっています。

なので手軽に出来る様になっている事がメリットかと思います。

デメリットは、全体的におおまかなカビは取れるのですが、分解していない部分の手が届かない所や見えない所で、高圧洗浄しても取り切れないカビがある場合もあるということです。

なので、定期的に早めにメンテナンスすることでカバーするのが良いと思います。

完全分解エアコンクリーニング


一般的なエアコンクリーニングに対して、完全分解エアコンクリーニングというサービスがあります。

これは壁からエアコンを外す事がほとんどで、一度会社へ持ち帰る場合もあります。

電装部まで完全に分解してクリーニングするので、一般手なエアコンクリーニングでは見えなかったり手が届かない所までクリーニングすることができます。

自然薯屋おそうじ部ではこのサービスはできません。

メリットは汚れを隅々までキレイにクリーニング出来ることです。

デメリットは金額が高いということです。
通常機種でも15,000円以上からだと思います。
20,000円からの業者もありますし、お掃除機能付きだと30,000円以上はすると思います。

どっちもどっちですが、完全分解しても夏を越せばまたカビるので、私は一般的なエアコンクリーニングを毎シーズンとか隔年でするのが良いのではないかと思ったりします。

まあコレはお客様の自由ですけどね。

家庭用エアコンの種類とクリ-ニングの違い


家庭用エアコンの種類とクリ-ニングの違いをご紹介します。

まずは通常の一般機種です。
こちらは簡単な構造になっているので分解洗浄が容易です。
自然薯屋おそうじ部では8,000円でクリーニングしています。
汚れ具合や現場の作業のしやすさによっても変わりますが、通常1時間半程度の作業です。

次に空気清浄機付き。
熱交換器のアルミフィンの全面に空気清浄機が付いています。
取り外せる場合は洗浄時に分解しますし、汚れが酷い場合も多く、電装部で取り扱いに注意が必要なので、これには手間が掛かります。
なので、自然薯屋おそうじ部では10,000円でクリーニングしています。
汚れ具合や現場の作業のしやすさによっても変わりますが、通常1時間半+アルファ程度の作業です。

そして、お掃除機能付き。
お掃除ロボットは可能な限り分解します。
機種によって分解がとても困難だったり、分解しなくても洗浄出来る場合は、分解しないで洗浄します。
分解には大変手間がかかり、分解しなくても電装部が濡れないように洗浄しなければいけないので大変です。
なので、自然薯屋おそうじ部では13,000円でクリーニングしています。
分解の手間、汚れ具合や現場の作業のしやすさによってもかなり変わりますが、通常2時間半程度の作業です。
大変な場合は3時間以上かかることもあります。

それぞれ分解の手間は変わりますが、エアコンの洗浄方法は基本的に全て同じです。

ちなみにお掃除機能付きエアコンについて補足しますと、お掃除機能付きとはフィルターに付いた埃を取る機能であって、エアコン内部のカビには全く関係がありません。

内部クリーンという機能が、送風運転をしてエアコン内部を乾燥させる働きをしますが、夏の冷房時の結露を乾かす程ではなく、無意味ではありませんがカビを抑える事はほぼ出来ないと思われます。

なので、お掃除機能付きエアコンだからお掃除しなくて良いと勘違いしたり、販売店でお掃除しなくて良いと言われてその気になっている方も多いと思いますが、夏場に冷房運転をすればカビは確実に生えると思ってください。

定期的なエアコンクリーニングのススメ


エアコンは冷房運転するとまず間違い無くカビます。
運転すればするほどカビます。
夏場に溜まったエアコン内部のカビが、冬場の暖房運転でパサパサに乾燥して胞子が粉のように舞います。
このカビを体内に吸引するのはあまりよろしくないかと思います…

そして時間が経過すればするほどカビも臭いも取れにくくなります。
カビは根を生やしてしまいますので、プラスチックや樹脂などに強く付くと取れませんし、アルミフィン部でもブラシでこすっても取れなくなってしまいます。
また臭いについては染みついた場合どうやっても取り除くことは困難になってしまいます。

なので、出来るだけ早めに定期的なクリーニングをお奨めします。
特に喘息や気管支炎を患っている方がいらっしゃる場合は毎シーズンのクリーニングがお奨めです。
そうでなくても出来たら毎シーズン。
大変でも出来たら2~3年でクリーニングしていただきたいと思います。
その方が快適で長くエアコンを使っていただけると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ