何故エアコンクリーニングが必要なのか?

何故エアコンクリーニングが必要なのかをご紹介します。


何故エアコン内部がカビるのか?

エアコンの冷房の仕組みは、室内機の熱交換器を冷やして、ここに室内の空気を通過させて冷やしていますので、その温度差による結露でエアコンの室内機の内部はビショビショに濡れた状態になります。

エアコンの運転を止めますと、エアコン内部は温度が上がり、カビの大好きな高温多湿な状態になります。

埃が付着している状態だと更に水分を含みやすくなり、カビのエサにもなりますので、余計にカビが生えやすくなるのです。

なので、冷房運転や除湿運転している時期にカビが生えます。

運転していない時や暖房運転では基本的にカビは発生しません。

しかし、冬にカビが生えた状態で暖房運転していると、熱と乾燥でカラカラに乾ききったカビが部屋中に撒き散らされます。


エアコン内部のカビはどの様な影響を及ぼすのか?

エアコン内部がカビたまま運転していると以下の様な悪影響があると言われています。
  • カビアレルギー・・・くしゃみ、咳、鼻水などが出る。アレルギー性鼻炎やアレルギー性肺炎になる可能性がある。
  • 気管支炎・・・カビの影響で咳が続き気管支炎の発症や悪化の可能性がある
  • 喘息、咳ぜんそく・・・カビの影響で咳が続き喘息、咳ぜんそくの発症や悪化の可能性がある
  • アトピー・・・マラセチアという真菌などのアレルギー反応でアトピーの発症や悪化の可能性がある
  • 過敏性肺炎・・・息切れ、せき、発熱、悪化すると呼吸困難、肺ガンのリスクもある
免疫力の高い元気な方は、エアコンのカビを吸いまくっても特に問題無いかもしれません。

ただ、免疫力の弱いお子様やお年寄り、小型のペット、病気で免疫力が下がった状態でエアコンのカビを吸ってしまいますと、上記の様な様々な病気の恐れがあり、しかも年々増加傾向になります。

特に、アレルギー、気管支炎、喘息、肺炎、アトピーなどをすでに発症している場合には、多かれ少なかれ悪影響を及ぼすと思われます。

この様な方の多くは、エアコンクリーニングの前後で症状の変化を明確に感じられます。

更に、近年お年寄りがエアコンのカビによる肺炎で重い症状になるケースが増えていて、注意が呼びかけられています。


だからエアコンクリ-ニングが必要です

これら近年増加している事例に対応するためにも、定期的なエアコンクリ-ニングが必要だと考えます。
別に危険を煽って商売をするわけではありません。
エアコンがカビ臭くても黒く汚れていても平気で、健康で病気もしない方はクリーニングしなくてもよろしいかと思います。

しかし、食生活や放射能汚染などをはじめ、私達を取り巻く生活環境は日々劣化しているようで、免疫力が低下して今まで無かった病気になる方も増えています。

同様に、エアコンのカビによる影響で病気を発症してしまう方も増えているのが現実です。

私の経験でも、気管支炎や喘息の方で、エアコンクリーニング後に症状が一気に改善して、大変喜んでいた事が何度もあります。

症状が出てしまう方は、その都度、もしくは冷房を使わなくなった時期に毎年エアコンをクリーニングするのがおすすめです。

そうでなくとも2~3年に一度はエアコンクリーニングされる事をおすすめします。
年数が経てば経つほど、カビ自体も臭いも取れにくくなってしまいます。

室外機も洗浄されますと、熱効率が改善して、エアコンへの不可や電気代の軽減が期待出来ますので、2回に1度はセットでの洗浄をおすすめします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ