終日自然薯種芋の掘り取り作業でした

昨日の日報です。
午前中は曇って風が冷たくてとても寒かったです。
そんな中、ひたすら前日の続きの自然薯の種芋の掘り取り作業です。

午前中に掘り上げた自然薯の種芋です

午前中に掘り上げた自然薯の種芋です



2畝目を掘り上げました

2畝目を掘り上げました



3畝目に入りましたが、何しろ草が強くて草取りも苦労します。
ちょうど種芋のすぐ上に根を強く這わせているので、鎌で自然薯の種芋を傷つけてしまう恐れがあるので要注意です。
というか多少傷つけてしまいます。(^0^;)
でも抜くと土がいっぱい付いて来て、下手すると自然薯の種芋も諸共ブッコ抜いちゃう感じで折りそうなので、やはり丁寧に鎌で根を切るしかありません。

3畝目に掛かりますがとても草が強いです

3畝目に掛かりますがとても草が強いです



防草シート剥がします

防草シート剥がします



草が種芋のすぐ上に強い根を這わせていて一苦労です

草が種芋のすぐ上に強い根を這わせていて一苦労です



1スパンごとに草を刈って種芋を掘っていましたが、あまりにも草取りが大変なので集中して先に草取りを終えました。
この刈り草はなんだか力がありそうだし、しっかり畑に返したいですw

先に草を取りました

先に草を取りました



それにしても不思議な程自然薯の種芋に優劣が出ます。
基本的にはだいたい同じ大きさのムカゴを揃えて植えます。
たまにバラ付く時もあるのでそれならわかりますが、なんとなく見てる感覚ではそれ以上に優劣が出ています。

不思議な程優劣が出来る自然薯種芋の生育

不思議な程優劣が出来る自然薯種芋の生育



3畝目はあまり期待していませんでしたが、思ったよりはサイズが出て良かったです。
今の所30坪の網室はセンチュウの被害も無く、畑の状態は悪くないと思われます。
はっきりわかってきたのは、南側は全く生育していない所が多く、朝日から長時間陽が当たる所は暑すぎて乾燥してしまうのであろうということです。
西側と南側に遮光をする必要があり、そうすれば全体的にも乾燥の害が改善して生育が良くなるだろうなと。
何でどうしようかな。

日暮れまで掘り上げた自然薯の種芋です

日暮れまで掘り上げた自然薯の種芋です

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ