自然薯畑の様子です

久しぶりの更新となってしまいました。(^_^;)

色々と立て込んで、なかなか気が回りませんでしたが、10月になるといよいよお問い合わせが増えてきますので、そろそろ自然薯モードにならなきゃです。(*^_^*)

とは言え、収穫はやっぱりまだです。
せめて今月末頃までは様子を見たいですね。
中旬以降に試し堀をしてから掘り取りの日程を決めます。
今年は定植が遅かったからどうでしょうか?

そんな自然薯畑の様子をご紹介します。
まだツルが青々してますね。
紅葉してくると掘る気が出てきます。(*^_^*)

自然薯畑の様子

自然薯畑の様子



当園は暑くてムカゴがあまり着きませんが、ボチボチ落ちるものも出始めています。

ムカゴが少し落ちています。

ムカゴが少し落ちています。



ハナタカメンも少し前から見える様になりました。
雌株だけに着く自然薯の種子です。

ハナタカメン

ハナタカメン



自然薯が肥大すると畝が地割れしてきます。
各畝でこの地割れが見受けられますので、まずはそこそこできているのかな?と。

自然薯の肥大で畝が地割れします。

自然薯の肥大で畝が地割れします。



例年この時期に網室でハスモンヨトウの幼虫が大発生して、葉やムカゴを食い散らかします。
今年は今までよりも少ないながらも、やはりけっこう出てやられています。
放っておけば葉もムカゴも無くなりますので捕るしかありません。
露地は多少出ても放置できるレベルです。

ハスモンヨトウの幼虫ががムカゴを食べてしまいます。

ハスモンヨトウの幼虫ががムカゴを食べてしまいます。



先日の台風の影響で支柱がかなり押されていた様で、その後の少し風邪が強い日に外れたりしてしまいました。
単管パイプも斜めになっています。
今回の台風24号、その後にも25号、26号がある様なので、あまり強い風が吹かなければいいなと思います。

自然薯の支柱が繋ぎ目で外れてしまいました。

自然薯の支柱が繋ぎ目で外れてしまいました。



単管パイプが風で斜めになってしまいました。

単管パイプが風で斜めになってしまいました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ