2014年12月静岡市清水区やまぼうしさんでの自然薯尽くし会

2014年12月に静岡市清水区の山間にあるやまぼうしさんで行われた自然薯尽くし会の報告です。

やまぼうしさんは食材から調理法までこだわり抜いた料理が人気の、知る人ぞ知る有名店です。
度肝を抜かれた昨年に続き2回目の開催ですが、今回もとても楽しみでした。(*^_^*)

まずは久保田の千壽で乾杯♬

久保田の千壽で乾杯です。

久保田の千壽で乾杯です。



最初に登場したのはパイ生地を利用したオードブル的な一品。
ピザかカナッペか何なのか?w
とろろに何かが混ぜられてチーズっぽい感じはするのですがクリームチーズとかではないとのこと。
甘エビとトマト、サーモンのマリネの2種類ですが、どちらも洋食そのもので大変不思議で美味しかったです。
前回の一発目の自然薯の冷製スープに続いてコレが一番謎で気になりました♬
焼きたてなら相当美味しいだろうと。

ピザかカナッペかというとろろの前菜。

ピザかカナッペかというとろろの前菜。



続きまして、とろろの茶碗蒸し。
茶碗蒸しの上にとろろが乗って二層になっている感じです。
絶妙のふわとろ感で美味しかったです。

とろろの茶碗蒸し。

とろろの茶碗蒸し。



お後は自然薯のフライ。
細めの自然薯をそのままフライにしてありますが、衣にエビの殻がまぶされていて、アメリケーヌソースでいただくという何ともオサレな一品。
天ぷらが美味しいのは知っていましたが、フライでもスゴく美味しいです♬

自然薯のフライ。

自然薯のフライ。



続きまして、とろろの湯葉巻き。
外は熱々の餡掛け、中はヒンヤリの温度差を楽しんで下さいという大将の説明通りで、これまた不思議で美味しい一品でした。
中身トマトとか入ってたけかな?
忘れちゃった。(^0^;)

とろろの湯葉巻き。

とろろの湯葉巻き。



出ました!
A5の牛肉ととろろです。
見るからに何の説明も必要無い程美味しいそうな牛肉ととろろを一緒にいただきます。
食べた事無いから感動ですw

A5の牛肉ととろろ。

A5の牛肉ととろろ。



〆は常連さんが次は何時だ?とせがむという特性ラーメンとろろバージョンです。
無添加はもちろん素材の旨みをしっかり煮詰めて凝縮した芳醇で濃厚なスープにとろろがまた合います。
もうお腹もいっぱいで大満足です♬

とろろラーメン。

とろろラーメン。



大将は調理方法をあまり教えてくれないので、コレはなんだろう?と考えながらの楽しい自然薯食い尽くし会となりました。
でも前回よりはかなりお話してくれたなぁ~♬

やまぼうしさんはちょっと清水の山間にあって大きなお部屋が無いので、近場のメンバーや内輪での自然薯会となりますが、毎回趣向を凝らした料理で参加者さんを驚かせてくれます。

来年も絶対お願いします。
楽しみだなぁ~(*^_^*)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ