ロウソク温泉(有)湯之島ラジウム鉱泉保養所へ行きました

岐阜県中津川の蛭川という所にラジウム関連商材の打ち合わせがあり、雨の中軽トラで行ってきました。(*^_^*)
4時前に起きて5時過ぎに出発!

東名牧ノ原SAでじねんじょプリンなる看板を発見。
店員さんに聞いてみると、レストランのメニューでまだ営業してませんでした。
これは気になりますねぇ~(*^_^*)

じねんじょプリン気になりますw

じねんじょプリン気になりますw



9時30分頃現地へ到着。
相手の社長さんが話が好きな方で、そのまま14時前までお昼ご飯も無しで談笑。

重要なお話しはあまりできませんでしたが、商工会や地元石材会社の代表も務めるとても真面目な人柄と、相当熱心なラジウムの研究をされていることがわかりました。

これなら安心して商品を販売できます。(*^_^*)

他のお客様が見えてしまったので、写真も撮れずに退散。

せっかく遠出して中津川温泉郷付近まで来ているので、少しでも温泉に入ろうとロウソク温泉「(有)湯之島ラジウム鉱泉保養所」へ立ち寄りました。

ローソク温泉

ローソク温泉



(有)湯之島ラジウム鉱泉保養所

(有)湯之島ラジウム鉱泉保養所



ロウソク温泉の名前の由来は、俗に流行らせたくなかったので、昔ロウソクを灯して営業していたことからだそうです。

ロウソク温泉は日本一のラジウム含有量を誇る歴史あるラジウム温泉です。

この付近で産出される蛭川御影石なども良いラジウム鉱石と言えるでしょう。

日本一を謳う看板

日本一を謳う看板



そんな訳でラジウム含有量が多く、あまり長湯できません。
基本は2つあるうちのラジウム含有量が少ない方の温泉に5分入って体を温めてならし、その後もう1つのラジウム含有量が多い方の温泉に5分入ります。
温泉から上がったら体を休めます。

湯治場として昔から利用されており、通常は午前中1回、午後1回入るのを薦めているようです。
慣れている方は時間を調整しながら3回入る様です。

キレイな庭も広く、マイナスイオンが溢れているそうです。
源泉をコップ一杯飲むことが出来ます。
少し硫黄っぽい香りがしますが、それほど味も無く透明で飲みやすい状態です。

源泉を飲むことが出来ます

源泉を飲むことが出来ます



中庭の看板

中庭の看板



しばし休憩し、遠いのでとっとと帰宅の途に付きます。w

行きにも道路っ端の花崗岩の放射線量を量りましたが、帰りにも寄り道して計ってみると0.5マイクロシーベルトを超えました。

もちろんゲットしてきました。(*^_^*)

0.5マイクロシーベルトを超える花崗岩

0.5マイクロシーベルトを超える花崗岩



そんなこんなで20時過ぎに家に帰ってきましたが遠乗りは疲れます。
今日は早く寝ますね。(*^_^*)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ