尾白川の花崗岩と隕石の販売ページをアップしました

富士山ニニギさんの著書「自然放射線vs人工放射線 宇宙の認識が変わるラジウム・姫川薬石と天の岩戸開き 生命の起源は巨大隕石の遺伝子情報だった!」を読んで、尾白川の花崗岩と隕石がとても欲しくなりました。
先日、昇仙峡に行ったので、時間があまりありませんでしたが思い切って尾白川へ行ってきました。

尾白川の花崗岩と隕石

尾白川の花崗岩は線量が高めと本にもありましたが、平均的には0.25μ㏜前後で、高い物は0.3とか0.4μ㏜出るものもありました。
それにしてもキラキラしていてキレイです。
夕暮れの河原でウキウキしてしまいましたw
暗くなってきたので急いで石を探したりして、写真を撮る余裕もありませんでした。

尾白川の隕石

本の中で隕石の写真が白黒だったので、どれが隕石なのかわかりませんでしたが、これかな?とおぼしき石をいくつか拾ってきました。
後日、富士山ニニギさんに写真を確認していただいたところ、この石が隕石ですよと教えて下さいました。
花崗岩が生成される過程のマグマに触れても溶けない石は地球上には無く、間違い無く隕石だというお話でした。

何か不明な緑の石

色々拾ってみましたが、緑の石がとても気に入りました。
富士山ニニギさんも拾ってきたそうですが、質量が重くて色合いからしても何の石かわからないとのことでした。

そんな訳であまり数はありませんが、尾白川の花崗岩と隕石の販売ページをアップしましたのでよろしかったらご利用下さい。

尾白川の花崗岩と隕石の販売ページ|自然薯屋 販売サイト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ