宇宙にたった1つの神様の仕組み 2冊を読んでの感想

午後から雨のつもりで家にいますが、あんまり雨が降らなくて微妙な気持ちです。(^_^;)
でも保険屋さんに来てもらったり、読まなければいけない本を読んだり、今から請求書を作るのでそれで良いのです!

というわけで、やっともう1冊が読めた「宇宙にたった1つの神様の仕組み」の感想を簡単に書きたいと思います。

宇宙にたった1つの神様の仕組み

宇宙にたった1つの神様の仕組み



この本は、先日たんじゅん農法の視察でお世話になった城雄二さんから紹介してもらって購入した本で、2冊のシリーズとなっております。

ぜんぶ実験で確かめた 宇宙にたった1つの神様の仕組み(超☆わくわく)
フリーエネルギー版 宇宙にたった1つの神様の仕組み (超☆わくわく)

更に加えますと、生命を育む会でご一緒させていただいた仲間から正しい情報収集に役立つサイトとして紹介してもらった天下泰平さんのブログ記事でも紹介されており、しかも天下泰平は著者である飯島秀行さんが発明し、理事を務める一般財団法人テネモス国際環境研究会で販売している活水器や空気活性機を販売していました。

天下泰平 : フリーエネルギー版 宇宙にたった1つの神様の仕組み
天下泰平 : フリーエネルギーの実用化が始まる「テネモス」

やはり、農業でも健康でも政治でも何でも真実を求めていくと行くところに落ち着くのかなと。

それで本の内容をざっくり書きますと、世の中には多くの原理原則が唱えられていますが、心理は宇宙に1つということです。
物事によって別々に法則があるのは本来おかしく、たった1つの宇宙の法則によって全て考えられ説明ができるということ。
そして生命そのものがエネルギー体であるということ。

先日DVDをお借りして拝見しまして、だいたいの概要は知っていたのですが、とても深い話でなかなかス~っと理解できる物ではありません。

ただ仰ることはきっと正しく、なんとなくわかります。
何となくですが。(^_^;)

色々感想を書こうと思いましたが、頭の中が上手く整理できないので、興味のある方はアマゾンや天下泰平さんのレビューを参考になさって下さい。w

自我意識を捨て、全ての人や地球や宇宙の為を思って考え行動する。。。

日々、修行ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ